抗がん剤の副作用を抑えるキトサンはサプリで摂取するのが効率的

歴史の浅い抗がん剤治療

癌という病気そのものの歴史は長いですし、古くから癌に悩まされてきた方、癌が原因で亡くなったという方も大勢います。癌そのものはそれなりに長い歴史を持っていますが、抗がん剤治療は意外にも歴史はそれほど古くありません。まだまだ歴史が浅いですし、がん治療において抗がん剤が使われるようになってまだ50年も経っていないのが現実です。そのため、まだまだ発展途上にある治療と言っても過言ではないでしょう。近年のがん治療において抗がん剤は非常に大きなウエイトを占めていますし、これからのがん治療にもなくてなはならないものになりつつあります。まだ歴史が浅いということはこれから発展する可能性がまだまだありますから期待は十分できます。

抗がん剤治療は決して楽なものではありませんが、少しでも恐怖心を和らげるためには抗がん剤治療における副作用についても知っておく必要があります。どのような医薬品を投与するにしても副作用はつきものですし、副作用がまったく起きないような薬はありません。これは抗がん剤でも例外ではありませんし、抗がん剤による治療を始めるのなら副作用についての知識を身につける必要があります。では、具体的にどのような副作用があるのかというと、もっとも代表的なものにアナフィラキシーが挙げられます。いわゆるアレルギー拒否反応ですが、それほど多くはありません。ほかにも腹痛や嘔吐、じんましんといった副作用もありますが、個人差も大きいです。